社員インタビュー

自分の向上心と
周りのサポートが、
「出来ない」を「出来る」に変える。

第一商品物流部 鋼板物流課
物流作業スタッフ(クレーン運転手)

上森 久遠

2018年入社

岡山県立倉敷工業高等学校
電気科

一つひとつの実践の
積み重ねが確実に自分の
技術力を向上していく。

運転に携わる仕事がしたいと思っていたので、クレーン、フォークリフト、車両等色々な設備がある倉敷運輸に入社を決めました。現在は主に倉庫内クレーンで厚鋼板を運ぶ仕事をしています。クレーンを1人で運転するようになってまだ間もないですが、先輩に分からないことを教えてもらって出来るようになった時には成長していると感じる事ができます。

先輩や上司に
相談するだけではなく、
自分の頭で考えることが大切。

入社した時から、上司・先輩とのコミュニケーションを大切にすることを意識して仕事に取り組んでおり、わからない事はすぐに確認するようにしています。クレーンの運転を1人でできるようになってすぐの頃は、周りの先輩方と比べ作業が遅く、迷惑をかけてしまうこともありました。そこで、どうすれば早く作業できるかしっかり考え、上司や先輩にアドバイスをもらいながら作業に取り組み、改善していきました。

公私問わず交流できる
仲の良い職場です。

大きい製品を運ぶクレーンはまだ経験が浅く技術力が足りないので、今後は十分な技術を習得し、1日でも早く先輩社員のように操縦できるよう頑張りたいです。仕事ではわからない事は理解できるまでしっかりと教えてもらえますし、プライベートも班のメンバーと食事に行ったり、他班の若手とジムに行ったりすることで、仕事以外の世界が広がったと感じています。

1日のスケジュール
6:30
出勤・朝礼
7:00
始業点検
7:20
クレーン運転
11:00
昼休憩
12:45
クレーン運転
15:05
終礼・退勤

その他インタビュー