社員インタビュー

自分の積み込んだ商品が
お客様の笑顔につながる、
誇りと責任のある仕事です。

第一商品物流部 港運物流課
物流作業スタッフ(玉掛)

西野 一輝

2014年入社

岡山県立倉敷工業高等学校
工業化学科

お客様や仲間の笑顔が
仕事のやりがいにつながる。

商品をお客様のもとに安全に届けることで、お客様の喜ぶ顔が見たいと思い、当社に入社しました。現在は本船荷役作業における岸壁や船内での玉掛・外し作業、クレーンでの荷物の積み込み、フォークリフトによる積みつけ作業を行なっています。職場の上司から褒められたり、仕事の成果を認めてもらえた時はやりがいを感じます。

上司・同僚との連携から
「良い仕事」は生まれる。

玉掛作業は、クレーンオペレーター等と連携を取りながら進めていく作業なので、コミュニケーションを大切にしています。一つのミスによって、今まで行なった業務を無駄にしてしまうこともあります。ミスをしないことが一番ですが、同僚や上司に報告・相談しながら安全かつ丁寧に商品を移動させるように常に心がけています。

自分の成長を応援してくれる
あたたかい職場。

みんな優しく、難しい作業や分からないことがあっても丁寧に教えてくれるので、とても働きやすいです。忙しい時期でも休みの調整がしやすく、同僚とフットサルを楽しんだり、家族との時間を確保出来ています。やるべき仕事を精一杯やりきり、オンとオフの切り替えをしっかり行いながら、今後はクレーンや大型フォークリフトによる製品の積みつけも行ってみたいと思います。

1日のスケジュール
6:45
出勤
アクティブ体操
7:00
現場作業
12:00
昼休憩
12:45
現場作業
15:00
退勤

その他インタビュー